生え際の進行は特になし。最終手段にクリニックも視野に

生え際の後退対策に育毛男が使っている育毛剤」でもお伝えした通り、生え際の対策として現在進行形で育毛剤を使っている育毛男です。

前回の記事から約1年、育毛に取り組み始めてから4年がたつわけですが、何とか生え際はキープすることができています。
毎日毎日、コツコツと育毛剤を使い続けて、サプリメントなどを使っているのも維持出来ている理由なのかもしれません。

そういえば、先日薄毛治療を専門に取り扱うクリニックに無料相談に行ってきました。
生え際の後退は維持できている!とはいえ、内心「本当に大丈夫なのか?」「一気に来ないのか?」なんて、いろいろと心配してしまっています。

最近ではテレビでもお笑い芸人が薄毛治療をしているという話をしているので、気にはなっていました。
そこで思い切って無料相談に行ってみることにしたのです。

自分の薄毛を赤の他人に告白しないといけないので、なかなかのプレッシャーかも…と思ったので、全然そんなことはありませんでした。
さすが病院!といわんばかりに、患者のことを真剣に考えてくださっているのが、ヒシヒシと伝わってまいりましたよ。

私が行ったクリニックは医師に直接相談することはできませんでした。
医師と相談するためには、無料相談ではなく診察をうけないといけないみたいですね(ちょっとややこしい)。

担当は美人な女性だったのですが、いろいろとお話を伺ってとても身に沁みましたね。
特に睡眠時間や食事の話、体重管理など、毛に関係なさそうなことも実は密接にかかわっているんだとか。

お話を聞いていてなるほど!と実感できました。

ただ私が一番心配していた、「本当に生え際はキープできているのか?」という点については明確な答えはなし。
まあ見ていただいた担当さんは医師ではないので当たり前といえばそれまでですが。

実際にクリニックに相談に行った感想としては、とても気持ちよかったですね。
薄毛で悩む人しかこないで悩みではあるもののそれほど恥ずかしがらずに過ごせるのも良かったです。
皮膚科に行くと女性や子供多いので、どうしても気になってしまいますからね。

ということで次は実際に診察を受けてみることになりました。
治療を始めるのかどうかは、診察を受けたうえで医師と相談できるみたいなので、気軽にいこうと思います。

一番の心配事は治療費ですね。保険がきかないので高いらしい…。まぁ言って聞いた見るしかないです。

生え際の後退対策に育毛男が使っている育毛剤

前回の記事でも書いた通り、私は薄毛でも生え際の後退によるM字禿げが特に気になっています。
薄毛が気になり始めてから、育毛剤・育毛サプリメント・育毛シャンプーなどを使っていろいろと対策に取り組んでいます。

生え際の状態はというと、育毛に取り組み始めた時とそれほど変わらず維持できていると自分では思っています(実は微妙に後退しているかもしれませんが…)

育毛って結局は自分が納得できるかどうかがとても大切だと私は考えています。
ちなみに、今現在私は薬を使った薄毛治療は行っていません。副作用などが心配ということもありますし、薄毛治療は最終段階においておきたいということも考えています。
まだ30代なので今後ずっと薬を服用することを考えると少し躊躇してしまっているというのが正直なところです。

さて、私と同じように生え際の薄毛で悩んでいる方はとても多いです。ではそもそもなぜ生え際が薄毛になるのかというと…

生え際には、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを受けるレセプターがたくさんあると考えられいるんです。
そのため、ジヒドロテストステロンが活躍しやすいのが生え際なので、薄毛になりやすいと考えられていますね。

特にM字禿げやU字はげは、男の薄毛でも悩みトップ1に入るんじゃないでしょうか。
これほど多くの人が生え際の後退で悩んでいる背景には、頭頂部の薄毛と比べて改善しにくい…といわれていることがあります。

育毛剤などの販売ページを見ても、頭頂部が改善しているのは多いですが、生え際が改善しているのって本当に少ないですよね。
薬のプロペシアを飲んでも、生え際の改善は難しいとまで言われていますからね。

たしかに私も育毛に取り組んでいますが、一度後退した生え際を元に戻すのは非常に難しいと思います。
私の場合、薄毛治療薬を使っていないですが、なんとか維持できているのが精いっぱいという感じです。
そのため、生え際の後退は気になり始めたらできるだけ早く対策に取り組むことが大切ですね。これは身をもって経験しました。

そんな生え際の後退ですが、私は現状維持でも十分に満足しています。
というのも、生え際の薄毛であるAGAは進行型なので放置しているとどんどんM字部分の剃りこみが深くなっていきます。
にも関わらず、なんとか現状維持をキープしているということは、しっかりと育毛として結果を出していると考えているからです。

たしかに、もともとあった部分まで髪がびっしりなるのが理想ですが、やはり厳しい部分もありますからね。

生え際の後退に使う育毛剤の選び方

さて、そんな生え際の後退に使う育毛剤ですが、私は選ぶ時にしっかりと基準を決めています。
私は育毛剤やサプリ、シャンプーもそうですが、買う前にはしっかりと成分を確認してから買うようにしています。
育毛商品の中には、値段だけ高いのでほとんど水しか入っていない粗悪な商品も多いですからね。

生え際の後退対策に使っている育毛剤は次のような基準で選びました。

ジヒドロテストステロン抑制
育毛促進
無添加

まず、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンをしっかりと抑制する成分が入っているかどうか。これはとても重要だと思っています。
そして、血行促進・育毛促進成分が入っていること。そして余計な添加物を入れていないことですね。

私はこの3つを満たした育毛剤しか使わないようにしています。育毛剤って結構高いので失敗したくないですからね。

どの育毛剤を選べばいいんだ!って方は、「生え際の後退対策・治療方法を徹底まとめ【デコ・前髪・M字後退が気になり始めたら必見!】」などを参考に選んでみるのも良いと思います。
生え際の後退に使える商品だけを厳選して詳しく紹介しているので、成分などがイマイチわからない方でも安心できるはずです。

生え際の後退対策は継続が大切

生え際の後退対策は、特に継続が大切だと思っています。
というのも、私の場合育毛に取り組み始めてから、わりと早い段階で産毛がワサワサと見えるようになってきました。
「このまま続ければいい感じ!」と思ったのですが、なかなか産毛が成長しないんですね。

産毛のままずっとある…みたいな感じです。おそらく産毛の状態でヘアサイクルが乱れてしまっているんですね。
そのため、しっかりとした髪にまで成長する前に抜けて生えてが繰り返されているんです。

最初は期待してしまうのですが、これを我慢強く続ける必要があります。

産毛がなかなか成長しないからと育毛を辞めてしまったらその産毛さえもまたなくなる可能性もありますし、現状維持もできなくなります。
育毛は継続が大切だなとしみじみと感じています。

生え際の後退は特に厄介なので、早めの対策と継続が大切ですね。

育毛男の薄毛歴史

はじめまして、育毛男と申します。私は現在、34歳で一児の父親です。

仕事はIT系で1日中パソコンとにらみ合いをしております。

私が自身の薄毛に気づき始めたのは、今から3年前の31歳の秋。何気なしに排水溝に溜まる抜け毛が気になり、「今までこんなに抜け毛が多かったのか…」と疑問になったのが始まりです。

それから毎日、風呂上りには排水溝の抜け毛が気になるようになりました。さらには、髪の毛を乾かす時に生え際の後退が気になり始めるようになりました。

私が生え際の後退を気にするようになったときには、すでに少しだけM字になりかけておりました。今まで髪の毛を伸ばしていたので、なかなか自身の薄毛に気づかなかったのでしょう。

生え際の後退に気づき始めてからは、なんとかしないといけないと思い、育毛に励んでいます。

現在は、育毛剤、育毛サプリメント、育毛シャンプーを使って育毛に取り組んでいます。主にネット通販を利用して育毛アイテムを買っているのですが、比較するのが趣味ということもあり、気になる商品が新しく発売されると、どんどん試しています。

そのおかげで、今までに育毛剤やシャンプーは、かなり多くの商品を使うようになってきました。そういったことについても、このブログでお話できればなと考えています。

育毛に取り組んで3年ですが、やはり一度気になりだすと精神的につらくなるのが薄毛です。風が吹いた時なんかは、生え際の薄毛が見られるのではないかとひやりとしますし、毎日風呂上りの抜け毛を機にしてしまいます。こういったことはストレスになるのでよくないのでしょうが、どうしても気になってしまいますね。

3年間育毛に取り組んでおりますが、今のところ現状維持を何とかキープできています。薄毛が気になってからいろいろ気を使っているので、なんとかキープできているのは安心です。

家族にシャンプーは1本だからこそ私が選んでいる

私の家では、シャンプーは一家に1本と決まっております。
というのも、薄毛が気になり始めた当初、自分専用の育毛シャンプーを使っていたのですが、どうもなくなるのが速いことに気づき始めました。

もしかして嫁が使っているのかな!?と思って聞いてみたら、案の定嫁も私のシャンプーを使っていました。正直、かなり高価なシャンプーだったので、できれば使ってほしくない…なんてケチな考えをしておりました。

しかし、嫁はなかなか新しいシャンプーを買わないので聞いてみたら、
「どうして別々のを使うの?もったいないから1本でいいじゃん!」ということになりました。

このなんとなくの流れがあってから、私の家ではシャンプーは一家に1本ということになりました。
はじめは、嫁も私の育毛シャンプーを何もいわずに使っていたのですが、ネットか何かでその値段の高さを知ったのか、ある日「育毛シャンプーを使うのは良いけど、もうちょっと安いのないの>」といわれてしまいました。

そこで、いろいろとシャンプーについて調べてみることに。

その時は、自分のためにシャンプーを買っていたわけですが、嫁も使うことがわかっているので早速嫁に相談しました。
というのも、私はキシキシするとか、香りがどうとか、泡立ちがどうとかイマイチわかっていません。やはりこの辺りは、女性の方が細かいですよね。

嫁がいうには、成分はよくわからないけど、使用感が良いのが良い!ってことでした。そういったことを考えながらいろいろ調べてみると、女性でも使える抜け毛シャンプーを発見!

値段も前に使っていたのよりも安いですし、女性でも使えるのでコレだ!と即決しました。
私たちが今使っているのは、こちらで紹介されているキャピキシルシャンプーというものです。女性でも男性でも使えるので夫婦で愛用しています。

それからは、そのシャンプーを使って嫁も子供も愛用しています。
余計な添加物が入っていないですし、頭皮にも優しいので家族みんなで使っております。

育毛に取り組むうえで家族の理解は欠かせないですが、なんとか続けられるよう頑張ろうと思える出来事でした